戸建住宅の外構エクステリア 藤沢市








本格的な夏が始まる頃にはエントランスやテラス等
外構エクステリアを形にしたいな。

ということで、新築住宅の外構のご依頼です。



すでにブロックや駐車場の土間、エントランス等が
出来ていたので、?と思いましたが・・・

打ち合わせを始めると、
今の現状を使い勝手も含めて・・・

なるほど・・・
ということでいくつかプランを考えてみました。

現状の改良 + せっかくの外のスペース、活かし方によっては
広がるはずであろう日々の生活シーン  がテーマです。

ちょっとテーマが長いですが・・・


地域の建ぺい率によっては、
余った敷地余白お庭外構がかなり広い面積になっているお宅も多いかと思います。


課題は・・・その敷地を活かさない手はない。
最近はアウトドアにも強い関心が向けられているようで、
その外の使い方の有効さを皆さん良くご存知のようです。

問題は・・・新築したばかりということです。
当然のことだと思いますが、家の大きさやグレード等に
多くの予算そして知力と体力を使われていて、お疲れのようです。
(もちろん予算や体力に余裕のある方もいらっしゃいますが)

そんな中でも、外についてもまだまだ頑張ってみようという方々が
うちのような事務所や会社にご相談されているようです。
何かいい方法はないものだろうか、既製品だけで済ませたくないんだけど、
既製品で対応出来ない部分をなんとか出来ないだろうか、
本当はこんなイメージにしてみたいんだけど。

私はどちらかというと、外との繋がり方を優先するほうですので
そういったお気持ちは良くわかります。

こちらとしても必然的に力が・・・

なので、課題と問題の間の線引きを右に寄せたり左に寄せたりしながら
程よいところ、そしてこれがいいんではないでしょうか的な
概略プランが出てくるとハッピーな気分です。
広がるはずであろう日々の生活シーン に貢献出来てるようで・・・
今回のようなケース、いわゆる新築住宅にも可能性を感じます。



ずいぶんと前置きが・・・・・









結果、このようなスタイルのリビング的テラスを
作ることが出来ました。


b0338748_18161929.jpg














エントランスはアプローチ方向を変更し
あらたなステップを作り、それに合わせて
インターホン等も移設です。
隣地境界にもあらたにブロックを積んで
白壁とウッドで表情を出してみました。

土の部分はオーナーさんによる
植栽が入りますので、これからが楽しみです。



b0338748_18030899.jpg












玄関やアプローチは大切ですね。
必要以上に華美にすることはないと思います。
もちろんある程度は広さはあったほうが良いのでしょうが、
広い狭いではなく、違和感のない外との自然な繋がりや動線が重要かと。


b0338748_18025512.jpg














すでにコンクリ土間が打たれていたところをハツって
ピンコロを敷き込みました。
外から内に入る始めの1歩の部分ですね。

b0338748_18023488.jpg















テラスのベンチは座面が開閉出来るので、
ちょっとした物を収納出来ます。
その左右には花壇になってます。


b0338748_18022534.jpg















マリンライトは25W程度ですが、これひとつでもいい雰囲気です。
こちらはオーナーさんから頂いた写真です。

休日や出勤前の朝は、
テラスで過ごされる事も多いとか・・・


b0338748_19470192.jpg

















テラスからのステップも作ってます。
広さも十分でゆるい勾配のステップです。

テラスから地面への繋がり方も大切かと思います。



b0338748_18015451.jpg








室内インテリアもそうですが、外構エクステリア、
特にガーデンと言われる部分はこれからが始まりですね。



今回のこの内容は、余った敷地すべてを
網羅してるわけではありませんが、
広がるであろう日々の生活シーンというのに
貢献出来ているようで、良かったです。



今回は色々とご協力頂きありがとうございました。




















by natideas | 2017-08-25 21:03 | 外構エクステリア

横浜でマンションや戸建住宅のシンプルなリフォームと外構エクステリアをおこなってます。


by NAT
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30