カテゴリ:戸建住宅リフォーム( 3 )






キッチンの背壁用にカップボードと収納作業台を製作しました。

ついでに廻りぶちも交換中。

無垢材から削り出してもらい
ぽってりとした塗装をおこないました。





b0338748_21240907.jpg









壁や天井に合わせて製作したので
どこもぴったりで気持ちが良いです。


b0338748_21241623.jpg





これからタイルも貼ります。












by natideas | 2017-11-03 21:34 | 戸建住宅リフォーム






戸建住宅の過去リフォームです。


ご要望はナチュラルでシンプルに、そして明るい部屋にという事でした。
ナチュラルテイストでなく天然の素材を使ってナチュラルにしたいとのことです。

自然素材を使用するにあたって
受け入れなければならない事があることもご存知のようでした。
素足で天然木のフローリングの上で過ごす気持ち良さは、
それだけで、他の色々な事を許容するに十分だと・・・

天然素材を使う、それには他のちょっとした理由がありました。
こちらのお宅は結露が多めらしく・・・



日本国内で調達できる素材ということで珪藻土を選択、そしてその中でも
特に調湿機能の高いもののひとつを選択しました。
なおかつ化学物質の含有がない、もしくは極力少ない物であることです。

工程も増やして通常より厚塗りで施工しました。

フローリングは無垢のパイン材、通常より厚く24ミリ厚の物を選択です。
使用する無垢材が厚いほど、そして床面積が広いほど調湿機能が発揮されるようです。

表面には植物油からなるOSMOカラーを擦り込むように施します。
木が呼吸出来るように。
こういう時は、コーティング的なものや樹脂系の塗料は使いません。

他の箇所の造作物等も無垢材を使ってみました。
飾り棚もメープルの無垢材です。


明るくナチュラルなお部屋になり、結露も減ったということで
手間をかけたかいがありました。


その節は大変お世話になりました。


b0338748_13172037.jpg








結露が多い、冬は極端に寒い、夏は極端に暑い等の問題は
まずはそうなる原因を探る必要があるかと思います。

おおまかな例をあげると、

・壁や床が薄い
・壁や床や天井に断熱が施されてない
・断熱が施されててもその機能が足りてない
・ガラスの面積が大きい
・ガラスが複層でない
・アルミサッシが多く使用されてる(しょうがない部分ではありますが・・・)
・換気機能が充分でない
・冷暖房設備の位置が適切でない

専門の方が言うには、もっと詳細な部分もあり対処法も様々とあるようです。
当然、結露の原因となる水蒸気がどこから
どのくらい出てるのかを知る事も大切かと思います。
 

ですので・・・
・壁に現況の生活スタイルに合った状態の断熱を施し厚くする。
・ガラスは複層ガラスに、アルミサッシは使用しないもしくは空気にふれさせない。
・出入り口等の開口部にはパッキン等が付いたものもしくは
 パッキン等を付けてなるべく密閉状態に近くする。
・湿気を帯びた空気をスムースに効率よく排出する。
・部屋のどこが一番冷えてるか、又一番暑くなるかを探ってその部分に
 適切に冷暖房を施す。 
などがあるかと思います。


新築時ならまだなんとか・・・
既存の建物だったり、マンションアパートの場合は
かなり難しい部分ですね、制約的にも費用的にも・・・

ただマンションで、左右上下に他のお部屋が有る場合は
暑い寒いの問題はだいぶ軽減されているのでしょう。
玄関と突き当たりのバルコニー面しかないので
この開口部にそれなりの手を加えることで
さらに軽減されるのではないでしょうか。


冷房暖房の効率について、
たとえはあまり良くないかもしれませんが、要は魔法瓶(今も魔法瓶っていうんですかね!?)、
側がしっかりしていれば、一度暖めたものを入れればより長く
一度冷ましたものを入れればより長くその状態が保たれます。
仮に魔法瓶の中に入いれたとして、その中で暖めようとするとより早く暖まり、
冷やそうとするとより早く冷える、
ということではないでしょうか・・・


これらの部分を最重要視される場合は、やはりその道の専門の方と
相談しながら、(場合によってはデータも必要となるでしょう)
プランや施工をおこなっていくことが良いのでしょう。


そして予算のかけ方やコスト配分については
機能に特化、機能+@、機能はそこそこでそれよりも他に、等あるかと思います。
どこに重きを置くかは人それぞれですね。





ちなみに私の場合ですと・・・

・壁は厚くなって床面積が減るとしても断熱されたものがいい。
(たとえ+10センチとか+15センチになったとしても)
・床は安い物であっても天然木のフローリングがいい。(たとえ虫食いで穴が開いてても)
・室内の間仕切りドアはなくてもいい。
・廊下や床から天井までの間仕切りもいらないかな。
・天井は仮に低かったにしてもすっきりしてればいい。
・ガラス面の開口や玄関ドアは大きいほうがいい。
・額や枠はアルミより木製とかスチール製のほうがいい。
 あとは、朝電気を灯けなくても済む部屋がいい。(洗面トイレバスルームも含む)
 そして、平屋がいい・・・・・


かなりの寒がりな私でさえ、機能を成立させた空間 を
求めてないことになります・・・


これがあるならばこれは許容するよ、といったとこですかね。



人それぞれということで・・・・・










by natideas | 2017-07-22 16:52 | 戸建住宅リフォーム








過去リフォームのご紹介です。



10数年前におこなったRC造の一戸建て住宅です。



ご要望は、明るい空間にしてほしい、
物を表に出さなくて済むよう収納を充実させたい、
そしてスタイル的にはあまりラフでない質感のある
ナチュラルテイストでということでした。



この写真の空間、元々はキッチンを含むいくつかの
部屋に区切られてましたが、間仕切りの壁を取り払い、
パントリー的な空間はあるものの光と風が入る約22畳の
すっきりとしたキッチン&ダイニングとなりました。



いわゆるアイランドタイプですが、
写真右側にコンロや収納を含む調理スペース
写真左側には床〜天井までカップボードを含む壁一面が収納となってます。



キッチン本体は キッチンハウス製、カウンタートップは天然大理石、
水栓はグローエ、オーブンコンロはハーマン、
食洗機はミーレ、レンジフードはアリアフィーナです。



床は本磨きしてない天然の大理石、
サイドウォール等は造作後素焼きタイルを貼り、
珪藻土で仕上げました。



奥のダイニングスペースの床は無塗装のラスティックオークフローリングで、
リビングや廊下〜玄関まで見切り無しで繋げました



b0338748_15431576.jpg



打ち合わせに約1年、工事期間は約3ヶ月です。
仮住まいでの3ヶ月間は大変だったかと・・・・・


その節は大変お世話になりました。


写真の多くを無くしてしまって、
残ってる写真もあまり綺麗でなくてすみません・・・














by natideas | 2017-07-13 11:27 | 戸建住宅リフォーム

横浜でマンションや戸建住宅のシンプルなリフォームと外構エクステリアをおこなってます。


by NAT
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30